SHINeeとEXOとその他もろもろ。

カバーマークでカラー診断をしてもらった話。

ファンデーションの色が若干合ってない気がする…とずっとモヤモヤしていて、ネットや雑誌で情報収集していたところ、

カバーマークのファンデーションの色展開が豊富で、独自の診断方法を用いて合う色を見つけてくれるとのことだったので、

これだ!と思い、先日カウンターへ行ってみました。

これ、個人的に結構感動したので、書き留めておきます(笑)

 

まずは今の肌の悩みからファンデーションのタイプを選択。

私は鼻・頬の赤み(毛細血管が透けるため)、毛穴、テカリ(乾燥によるもの)が悩みで、

マットかツヤかで言えば、どちらかと言うとツヤが好きとお伝えしたところ、

エッセンスファンデーションというクリームタイプのファンデーションをオススメされました。

カバー力が高めのパウダリーファンデーションも良いかもしれませんとも言われましたが、とりあえず前者のクリームを試すことに。

 

次に、色を決めていきます。

ジャスミーカラーと言って、肌の下の動脈・静脈の色影響に基づいて診断していきます。

(ジャスミーカラーはカバーマーク独自のものとのこと。)

まず、腕の内側に4種類のファンデーション?を塗って、ブルーベースかイエローベースかを判断します。

テストのファンデーションを腕に塗った後、黒い仕切りみたいなもので腕を囲み、ライトを当ててBAさんがなにやら真剣な目つきで私の腕を観察…。

私は典型的な黄色人種の肌色なので、てっきりイエローベースかと思いきや、

意外や意外、ブルーベースでした。

イエロー系だと、肌色が若干くすんで見えました。

カバーマークのジャスミーカラーは一般的なパーソナルカラーとは少し違うので、

パーソナルカラーで春秋の人もブルーベースになることがあるみたいです。

(皮膚の下の血管の色影響を見るか、皮膚の表面を見るかの違い)

実際私もパーソナルカラーでは春だったのですがジャスミーカラーではブルーベースでした。

今までのファンデーションがなんとなくしっくりこなかったのは、ジャスミーカラーがブルーベースなのにファンデーションがイエロー系だったからなのかもしれません。

 

そして、ブルー系の色から4色に候補を絞り、フェイスラインでテストして決めていきます。

これが1番合いますね〜と言われてフェイスラインに広めに塗ってもらったところ、

塗ってるかどうか分からないぐらい同じ色!

これにはびっくりしました。

こうして決まった色が、BN10という色です。

 

顔全体に塗っていくと、違和感ないけど顔色が明るくなった感じ…!!

カバー力もそこそこ、保湿力もあってなかなかよろしかったので下地と一緒にお買い上げ。

とは言え、いきなり大きいサイズ(瓶に入ってる)を買うのもリスキーなので、とりあえず小さめのチューブタイプを買いました。

 f:id:hakumai94:20170304202726j:image

下地4,500(税抜)、ファンデーション3,800(税抜)で、まあ高いけどデパコスにしては手が届きやすい方なのではないでしょうか。

ちなみにファンデーション大きいサイズだと5,000でした。

 下地は、白い乳液のような感じで、色は付きません。

 

専用のスポンジも買いましたが(500円)、別にこのスポンジじゃなくていいかな…と個人的には思いました。

手持ちのROSY ROSAのスポンジの方が薄く均一に塗れた気がします。

 

下地もファンデもSPF値が低いので、別途日焼け止めは必須ですね。